経済について詳しくなろう!円高・円安とは

このサイトでは経済に強くなろう!ということで為替や世界経済について紹介していきます!

まずは、円高・円安について

テレビなどで為替に関する情報を見ていると円高もしくは円安という言葉を耳にしたことがあります。

円の動きを示した言葉ですが、具体的にはどのような為替の動き方をした場合に上記の言葉が利用されるのでしょうか。

例えば為替が1ドルあたり90円であったものが、100円になった場合は円安と言われます。

円の数字が増えているためにこれを円高と考えやすいですが、1ドルを換金する場合に何円になるかという視点で考えると理解しやすいのではないかと思います。

1ドル換金して90円の価値であったものが、円安に進み1ドルで100円に変わっています。

つまりドルの価値が高くなり、円を安く買えるということになります。

為替のレートは日々変動し、日本円が特に対ドルでどのような動きになっているのかを円高・円安という言葉で表現します。

為替の動きは輸出や輸入の価格に大きな影響を与えます。

海外との取引の際には海外通貨を基準として売買さえることが多いため、日々の為替の値動きは売買価格に直結します。

円安の場合は輸出の際は高く商品を売れますが、その代わりに輸入の際の価格が高くなります。

円高の場合はその反対の現象になるわけです。

日本では海外との売買で輸出の金額規模が大きいため円安傾向であるほうが国内の景気はよくなる傾向にあります。

一方で輸入に頼る食材などに関しては円安では値段が上昇しますので、シーソーの関係のように難しい問題です。

FX 初心者では特にこの為替レートの値動きが非常に重要です。

為替変動の要因

為替はなぜ変動するのでしょうか。

為替の相場が変動する理由は様々な要素が絡み合い決定されますので簡単に把握することは出来ません。

日本の景気だけであればある程度把握することも出来ますが、海外の景気や治安などの要素も為替の推移には関係します。

しかし為替を大きな意味で予想するのであれば、2国間の力関係で景気が良い方が自国の通貨が強くなることになります。

例であげますと、例えば日本とアメリカを比べて日本の景気が順調であれば日本の通貨価値が上昇し円高へと推移していくことになります。

景気がよくなってきますと為替変動だけでなく株価の上昇や金利が上向くことも予想することが出来ます。

景気が良くなってくることで投資対象となり、結果的に国の通貨の需要が増えて通貨価値が高くなることに繋がります。

また景気意外のポイントとしてはその国の治安が大きく影響します。

やはり安定している事や成長している事が投資材料でプラスとして判断されますので、戦争により治安が不安定になりますと、その国の通貨が売られやすい傾向にあるのです。

大きくは上記の要因によって為替が変動しますのでFXなどで為替関連の投資を行うのであれば経済に関して常に注意しておくことが重要になります。

また他には意図的に為替をコントロールしようとする場合もあります。

為替市場に介入することで、為替が極端な推移をしないように国が抑制するケースがあります。

介入の規模によってはそれが原因で為替相場が大きく変動する場合もありますので注意が必要です。